マーケティング人材募集育成 人事制度などの経営戦略を踏まえた事業計画書作成作り方)に関するサイトです。
事業計画書の作成、支援サイト 事業計画書の作り方、支援サイト
TOP公認会計士・税理士 名古屋の石田会計事務所

事業計画書の作成

事業計画書とは


事業計画書とは経営計画書ということもあり、事業計画を係数等も含めて計画書としてまとめたものです。
まずは、事業計画の内容が重要であることは、いうまでもありません。
事業計画を計画書にまとめることは、将来の損益等の数値で予測することに意義があります。

事業計画書の構成としては、特に決まりはありませんが、一般的には次のような順序で記載されていきます。
  • 代表者の挨拶
  • 会社の概況
  • 経営外部環境に関する過年度の状況と、今後の見込み
  • 経営内部における過年度の取り組みと結果
  • 今後の具体的な経営戦略や、新たに行う予定の取り組み
  • 過年度の経営成績と、今後の係数見込み

事業計画書の作成目的は、大きく3つあると思います。
  • 従業員や取引先関係者等に事業計画に対する協力を得るため
  • 自分自身の頭の整理のため
  • 銀行から融資支援を有利にするため

事業計画書の作成目的によって、内容は異なります。
従業員や取引先関係者等に見せるものであれば、経営ビジョン経営計画に掛ける社長の熱い思いを伝えることが大切です
代表者挨拶や、今後の経営戦略等について内容を充実させ、モチベーションを鼓舞したり、将来対する不安を取り除いたりすることに価値があるからです。
今後の係数見込みも、大風呂敷といわれない程度に希望的数値を示せばいいのではないでしょうか。
相手によっては、かえって大風呂敷のほうがいい場合もあるでしょう。

ただし、本当の姿や今後の見込みを細心の注意を払って把握し、今後の協力度合いを検討しているような関係者に対しては、大風呂敷は禁物です。
かえって信頼をなくす恐れがありますので、ある程度精度の高い数値予測を示すことが必要です。
その場合であっても、節度を保った上でよく見せることは必要だと思いますので、できるだけデータを収集・分析して、より客観的な根拠を持って、明るい将来ビジョンを示すことが大切です。




                           事業計画書 作成支援サイト            ( 次のページへ ) 



 



   ご相談等は
 公認会計士 石田会計事務所(名古屋)
 名古屋税理士会所属:石田昌宏
まで、お気軽にどうぞ

 
当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2005-2013, 名古屋の公認会計士 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.