マーケティング人材募集育成 人事制度などの経営戦略を踏まえた事業計画書作成作り方)に関するサイトです。
事業計画書の作成、支援サイト 事業計画書の作り方、支援サイト
TOP公認会計士・税理士 名古屋の石田会計事務所

人事制度・人事戦略

人材の育成、理想の人事制度


一般社員は、どう人材募集をして、どう人材育成するとよいのでしょうか。
答えとして、人事制度を工夫することが近道だと思います。
優秀な人材については、人事制度に関係なく、待遇等は個別対応的な部分が多くなります。
一般社員については、人材育成、スキルアップスピードを高めることと、モチベーションを維持することが大切ですので、その目的を達成できるように人事制度を確立していくのがいいでしょう。
実は、いい人材を集める条件を満たした会社にとって、それなりのスタッフを比較的安く確保することは容易です。
すでに魅力を持った会社なので、他社より有利に求人ができるからです。

それなりのレベルでしかないスタッフを、早く人事育成し即戦力にするには、いい方法があります。
とても簡単で魔法のような方法です。
早く人事育成できる管理者に、採用から育成を任せることです。
人材育成の能力は図りにくいのですが、能力格差は人によってかなりの開きがあります。
人材育成が上手にできる人にとって、実は短期間での人材育成は簡単なのです。
しかし、できない人にとっては、どれだけ時間を与えても十分な人材育成はできません。
誰に任せるかが非常に大切なのです。
人材育成の上手な人は、部下のモチベーションを高めることも上手です。
モチベーションを高めるために、人事制度の見直しは有効な手段の一つとなります。
できれば、人材育成の得意な人に、人事制度の見直しも任せるとよいでしょう。

技術や知識の取得は、気持と機会さえあれば、年令に関係なく習得できます。

人材育成の具体的な方法については、ポイントは4つ。


  • 本人のやりたい事目指したい方向性に、与える仕事をできるだけ合わせること
  • 本人が目指す見本となれる人を用意し、一流の仕事振りを見せること
  • 本人の能力より少しハイレベルな課題に取り組む意欲を持たせ、仕事を任せること
  • 課題を達成したらみんなの前で誉めてやり、さらに少し高度な課題を与えること

与えた課題の達成結果に対して、ある程度の金銭的報酬は必要といわれています。
金銭以外の内的モチベーションでやる気を起こさせ、結果に対しては賞賛と多少の金銭で応えていくのが大原則です。
任せ切りではなく、課題をクリアーできなかった時には丁寧にサポートすることも大切です。
ただし、取り組み姿勢の問題で課題をクリアーできなかった場合には、強烈に叱ることも重要です。

理想的な人事制度とは給与水準昇給賞与の決定方法、人事配属や移動職務権限等が、
上記のポイントを上手くクリアーできるように盛り込まれている人事制度です。




                           事業計画書 作成支援サイト            ( 次のページへ ) 

 


   ご相談等は
 公認会計士 石田会計事務所(名古屋)
 名古屋税理士会所属:石田昌宏
まで、お気軽にどうぞ

 
当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2005-2013, 名古屋の公認会計士 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.