マーケティング人材募集育成 人事制度などの経営戦略を踏まえた事業計画書作成作り方)に関するサイトです。
事業計画書の作成、支援サイト 事業計画書の作り方、支援サイト
TOP公認会計士・税理士 名古屋の石田会計事務所

融資、資金繰り対策

金融機関の見方


金融機関に対して事業計画書を提出する必要性の高い会社は、業績が好ましくない場合が多いと思います。
業績がよければ、事業計画書を提出する必要性がありませんし、金融機関から求められることもないと思います。
業績が悪くなって、融資を継続することが不安になるから、金融機関は事業計画書を求めるのです。
そのような状況で事業計画書を求められた場合、どのような事業計画書を作成する必要があるか。

大切なポイントは、以下の3つです。

  • 経営に対する熱い思いを伝えられるような内容であること
  • 内容が客観的かつ誠実でありつつも、将来見込み数値が良好に見せること
  • 来期の計画数値は、実際に達成可能な数値であること
将来見込み数値をよく見せるとは、
  • 黒字体質の確保
  • 債務超過の解消
  • 期限内返済の原資となるキャッシュフローの確保
が満たされていることが必要となります。
3つのポイントは、相反するような矛盾した内容となっている部分もありますが、融資支援のためには全てが大切な判断基準なのです。




                           事業計画書 作成支援サイト            ( 次のページへ ) 

 


   ご相談等は
 公認会計士 石田会計事務所(名古屋)
 名古屋税理士会所属:石田昌宏
まで、お気軽にどうぞ

 
当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2005-2013, 名古屋の公認会計士 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.