マーケティング人材募集育成 人事制度などの経営戦略を踏まえた事業計画書作成作り方)に関するサイトです。
事業計画書の作成、支援サイト 事業計画書の作り方、支援サイト
TOP公認会計士・税理士 名古屋の石田会計事務所

事業拡大、収益アップの戦略

事業計画の重要性


事業計画の良し悪しで、既にビジネスの成功度合いの大半が決しています。
何とかなるかと思っていると、ほとんどの場合には何とかしかなりません。
こんな理想的な結果になりたいと、策を講じたうえで頑張るから、すばらしい結果に達成できる可能性が生まれるのです。
したがって、事業計画の作成には十分な時間を割いて、満足のいく内容になるまで検討を繰り返すことが必要です。

いい事業計画とは、つぎの4つを満たしています。

  • 頭を使って市場のニーズを深く分析し、本当に価値あるサービスを提供する。
  • 自社の特徴を活かして他社と差別化できている。
  • 材料調達や労働、物流や情報伝達等において、現状の無駄を徹底的に洗出し排除する。
  • 関係者が多くが今より得をする、全員が満足の行くような仕組みとなっている。
それらの要件を達成するために、頭を使って一生懸命にアイディアを絞りだし、足を使って現場を調査し、情熱を持って関係者に説得を試みることが大切です。

たとえば、商品AとBは全く違う種類ですが、一度に買い物を済ませたいというニーズが多いとします。
同じ場所で出店すれば、お互いに集客が増えて儲かります。
たとえば、目立たないはずれの場所で旅館をしていたとします。
それを逆手にとって、静かさが売りにできれば、他社に負けない強みとなります。

たとえば、形の悪い野菜は売れないので、生産者は捨てていたとします。
それを有効利用できる活用方法を見出せば、それが利益となります。、
たとえば、トラック輸送の帰りに、荷物を空で帰るより、帰りのルートで輸送を希望している情報を収集して安く運送すれば、両者とも得をします。

とにかく要件を満たす仕組みを考えて、関係者への説得を試み協力関係を構築することが、経営者にとって重要な仕事です。
仕組みさえできれば、あとは迅速に実行に移すのみです。



                           事業計画書 作成支援サイト            ( 次のページへ ) 

 


   ご相談等は
 公認会計士 石田会計事務所(名古屋)
 名古屋税理士会所属:石田昌宏
まで、お気軽にどうぞ

 
当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2005-2013, 名古屋の公認会計士 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.