会計事務所給料年収について公認会計士税理士が解説します。
会計事務所、税理士、公認会計士の仕事内容と給料、年収について 会計事務所、税理士、公認会計士の仕事内容と給料、年収について
会計事務所の仕事内容税理士の仕事内容公認会計士の仕事内容
  会計事務所の給料・年収/ 税理士の給料・年収公認会計士の給料・年収
   会計事務所に就職、転職するには会計事務所に就活する学生さんへ

会計事務所の給料・年収について

  会計事務所の給与は、他の業種と比較して、比較的低い方だと思います。
 会計事務所での年収は、初任給は300万円以下で、多くの人が年収300万円台、経験を積んでもなかなか年収が400万円を超えないケースが多いと思います。
 会計事務所で年収が500万円以上になる人は、それなりの規模の会計事務所で、仕事をかなり任される、もしくは、小さな会計事務所で仕事をすっかり任されている人など、非常に少人数だと思います。
 
 会計事務所の給与や年収が、けっして高くならない理由を説明します。
 給与水準は、公務員のように俸給表等に基づいて年々上がっているような組織は別にすれば、基本的に求人市場の需給によって決まってくると思います。

 会計事務所は、どちらかといえば人気が高い職種なので、決して高いとはいえない給与で求人募集をしても、それなりに履歴書が届く業界です。
 しかも、業務時間外で税理士試験の勉強をするなど、比較的モチベーションが高くて優秀な人材が集まりやすい業界でもあります。
 結果として、それなりに優秀な人材が、決して高くない給与で勤務している会計事務所が多いのではないかと思います。
 独立するための修行という位置づけで、昔から給与水準が低めに推移してきたということも、給与水準を低くしている原因の一つかもしれません。

 また、毎月行う記帳や決算、申告書の作成といった業務は、簿記を勉強した人であれば、何年かの経験を積めば概ね任せられるようになります。
 そのため、「会計事務所の給与が低い」という不満で退職者が出ても、代わりの人材を募集することがそれほど難しくないといった事情も、会計事務所の給与が高くならない理由の一つだと思います。



         税理士の給料・年収について  (次のページ)     



    石田会計事務所(名古屋)の求人税理士の求人公認会計士の求人情報 はここをクリック


当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2013, 公認会計士・税理士(名古屋税理士会所属) 石田会計事務所 . All Rights Reserved.