ブラック会計事務所、ブラック税理士事務所に関する見解 By 名古屋石田会計事務所(税理士事務所) より
名古屋の税理士、石田会計事務所(名古屋税理士会所属) 名古屋の税理士 石田会計事務所
会計事務所TOPブラック@ブラックAブラックBブラックCブラックDブラックE

ブラックな会計事務所・ブラックな税理士事務所とは ?


ブラック会計事務所、ブラック税理士事務所 @ (@〜Eまで)


 ブラック企業とは

 「労働法等に抵触するような条件の労働を従業員に強いている企業

をいうのだと思います。

 ブラック企業を広く捕らえるならば、

 「儲けること等が優先され、従業員は低賃金での長時間勤務を強いられるなど搾取される立場である企業」

という定義になるでしょう。

 広く捕らえるならば、ブラックな会計事務所、税理士事務所は珍しくないかもしれません。


 会計事務所業界におけるブラックな状態を具体的に考えると、

  ・残業が異常に多い

  ・仕事の量に比べて収入が低い(残業代がない)

  ・任される仕事の質が低いため、あまり成長できない

  ・嫌な仕事を任される

  ・過剰な責任を持たされる

  ・職場の雰囲気が悪く、過剰なストレスが発生する

といった事例が上がってくると思います。


 では、どのような会計事務所が理想なのでしょうか?

 ( このような状態の会計事務所の全てが、本当にブラックなのでしょうか?)


 ブラックを意味を

 「そこに勤務することをお勧めできない」

と、もっと広く捕らえた上で、

私が考える

 ブラックな会計事務所

と、逆に

 就職をお勧めする会計事務所

について、それぞれの特徴を次に説明させていただきます。



          ブラック会計事務所、ブラック税理士事務所  A 
    次ページへ




当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2013, 公認会計士・税理士(名古屋税理士会所属) 石田会計事務所 . All Rights Reserved.