名古屋税理士:名古屋税理士会(名古屋中村支部所属) 石田昌宏 
名古屋の税理士:石田昌宏税理士事務所 名古屋の税理士:石田昌宏税理士事務所
名古屋の税理士 トップページ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による税理士事務所・情報コラム

 ご挨拶:

  名古屋で税理士として事務所を開設いたしております税理士の石田と申します。
  このサイトでは税理士業務等を通じて収集した情報や日々感じたこと等を毎月発信いたしております。
  内容に関するご意見等は大歓迎ですので、ご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。



「今月のトピック (2014年5月)」

 事業承継について

 事業承継が必要となるような立派な会社を創業された社長は、経営者として非常に優秀な方が多いため、ご子息が会社の二代目として経営を引き継ぐことは、非常に難しいと思います。
 何かと優秀な先代と比較されてしまうし、社内の幹部は基本的に先代のファンなので使いにくいし、少しくらい事業を拡大できても先代が残した基盤があったからだと手柄を先代に奪われてしまうし、業績が悪化したら二代目だからダメだといわれてしまうし。

 承継する立場からすると、事業承継は非常に大変な負担を背負う行為だといえるでしょう。
 その会社の事業によって社会貢献したいとか、従業員の将来を安泰にしてやりたいといった強いモチベーションが後継者の中で育ってきた時が、事業承継のベストなタイミングであり、気楽な気持ちで事業承継をすると、どうしても失敗しやすくなると思います。

 私の経験からすると、次のような場合に事業承継が上手く行ったケースが多いように感じます。
 @30才前後まで他社(同業に限らない)で実力を磨き、事業承継では短期間で実権を確保する。
 A子会社等で別事業を成功させつつ、一定の年齢になったら本社の事業も承継する。
 B先代が急死等で不在となり、大した準備期間がない状況で、全てを一気に事業承継する。



「今月のコラム(2014年5月)」

 リーダーシップについて

 考え方に関する特性は、20歳頃までに概ね決まってしまうそうです。
 たとえば、仕事で小さな壁にぶつかった際に、自分で乗り越えようとするか、誰かに頼るか、諦めるか、といった行動パターンは、大人になってからでは基本的に変らないと、実証研究で明らかにされているとのこと。
 社長業を行うために重要なリーダーシップについても、同じことが言えるのでしょう。
 リーダーシップを発揮しようとする意欲の芽は、子供の頃に育てておくことが大切なのだと思います。



by 名古屋の税理士(名古屋税理士会・名古屋中村支部所属)/石田昌宏 


※※ 情報コラム 終了のお知らせ (H26.5.2)※※

 このたび、情報コラムが初めてから10年となりました。
 石田会計事務所は今年度中に、石田昌宏の個人事務所から税理士法人化をする予定であり、現在はその体制整備を行っているところです。
 その一環として、私ひとりで執筆しておりました情報コラムについては、今回で終了させていただくことにいたしました。
 ブログにつきましては、今後も継続していく予定です。
 今まで情報コラムをご購読いただき、本当にありがとうございました。
 引続き石田会計事務所に対するご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。




<バックナンバー>

2014年度

 ●4月分 「経営者保証ガイドラインについて」、「個人的な税金の滞納

 ●3月分 「ミャンマーのスピード感」、「先走りすぎに注意

 ●2月分 「消費税率アップの影響」、「駆け込みでの購入

 ●1月分 「成功の秘訣」、「若者、バカ者、よそ者




2013年度

 ●12月分 「変化を受け入れるために」、「自己管理

 ●11月分 「経費になるかどうか」、「経費になるかどうか

 ●10月分 「所得拡大促進税制について」、「人件費の抑制について

 ●9月分 「良い会計事務所である条件」、「良い会計事務所である条件2

 ●8月分 「お勧めの会計ソフト」、「会計ソフトについて

 ●7月分 「エクセルの使い方」、「事務作業の効率化

 ●6月分 「オフィスでの工夫」、「リモートサービス

 ●5月分 「アベノミクスはうまくいく?」、「先頭を走り続ける

 ●4月分 「コモディティー化から逃げる努力を」、「人材のコモディティー化

 ●3月分 「人は何人までマネジメントできる?」、「急激な拡大戦略は危険

 ●2月分 「人に何かを伝えること」、「相手が聞きたいことを考えて話す

 ●1月分 「国税通則法の改正について」、「役所との交渉




2012年度

 ●12月分 「目標と計画について」、「将来予測

 ●11月分 「保険の活用事例」、「保険仲立人とは

 ●10月分 「残された遺族名義の預金にも相続税が」、「毎年行う現預金の贈与

 ●9月分 「スタッフ全員がブログを書く」、「相互評価と特別ボーナス

 ●8月分 「内村選手の強さ」、「大きな仕事を経験させる

 ●7月分 「最近の業績動向について」、「所有と経営の分離

 ●6月分 「出口戦略を検討してみる」、「M&Aの難しさ

 ●5月分 「お願いをする際に目的等を伝える」、「価格に対する説明

 ●4月分 「よい会議のあり方」、「会議のタイムキーパー

 ●3月分 「プチ節税方法のご紹介」、「経費の工夫

 ●2月分 「国税通則法の改正について」、「書類の保存方法

 ●1月分 「社内のモチベーションを高めるために」、「賞与の考え方




2011年度

 ●12月分 「ピンチをチャンスに」、「収益アップとリスク管理

 ●11月分 「銀行との付き合い方、銀行の財務分析力」、「銀行の判断基準は金融庁が決める

 ●10月分 「マーケットの絞込み(格安な会計事務所について)」、「格安というビジネスモデル

 ●9月分 「スマートフォンの普及」、「テザリング

 ●8月分 「成功事例に学ぶ」、「情報収集

 ●7月分 「新しく採用するスタッフの受入れ方」、「名駅周辺の賃料料相場

 ●6月分 「会社のイメージアップ」、「平成23年度税制改正の動向

 ●5月分 「段取りの重要性」、「効率化の一例

 ●4月分 「東北地方太平洋沖地震に関して」、「まけるな日本

 ●3月分 「ITには弱いので・・・」、「業務の見直し

 ●2月分 「習慣化のスキル」、「ビッグマウス

 ●1月分 「2011年度 税制改正大綱について」、「減税のあり方




2010年度

 ●12月分 「ホームページ戦略」、「市町村HPのバナー広告

 ●11月分 「生物は変化を嫌うように出来ている」、「ネット情報

 ●10月分 「地検特捜部の事件に関して」、「相続の準備

 ●9月分 「盗難リスク(適切なリスク管理)について」、「使い込みは本当に悪い?

 ●8月分 「上場株式等の売却益に対する課税の特例について」、「固定資産税の見直し

 ●7月分 「金の相場」、「日本の実力

 ●6月分 「グループ法人間での譲渡損益に関する課税の繰り延べ等」、「100-1=0

 ●5月分 「社会のトレンドと中長期のビジョン」、「リスクを少なく

 ●4月分 「スタートダッシュ」、「リーダーの役割

 ●3月分 「ビジネスモデルという考え方」、「守秘義務

 ●2月分 「整理整頓・清掃の価値」、「トイレの張り紙

 ●1月分 「人事評価の内容」、「税制改正



2009年度

 ●12月分 「どんぶり勘定 VS 計数管理」、「出来心

 ●11月分 「役員社宅としてマイホームを取得」、「ダブルデッキ・エレベーター

 ●10月分 「発想のジャンプ」、「中小企業再生支援全国本部

 ●9月分 「規制緩和や自由競争等の先にある世界」、「同じ利益でも

 ●8月分 「月次決算の大切さについて」、「今夏の予定

 ●7月分 「損益分岐点(CVP)分析と価格交渉について」、「事業再生の現場より

 ●6月分 「書いてみる効果」、「夢は文章に

 ●5月分 「よく考えること、深く考え過ぎないこと」、「不動産売却益に対する税法改正

 ●4月分 「撤退に対する心理的な抵抗感」、「経験をしておくこと

 ●3月分 「目先の便利さだけではなく」、「電話のトラブルについて

 ●2月分 「不景気に対する心構え」、「最悪の事態に対して

 ●1月分 「平成21年度 自民党税制改正大綱の決定内容について」、「事前のご相談を


2008年度

 ●12月分 「不動産や株価の時価下落について」、「大きなリスクについて

 ●11月分 「適正診断テストについて」、「適正診断テストの使い勝手

 ●10月分 「自己革新について」、「負のエネルギー

 ●9月分 「ホームページ戦略について」、「ホームページの反応

 ●8月分 「税務調査シーズン等について」、「税務調査の立会い

 ●7月分 「取引所の相場のない株式にかかる相続税の納税猶予制度」、「相続税申告の実務

 ●6月分 「昇給と社会保険の負担について」、「信頼関係

 ●5月分 「期限切れ法案について」、「事業承継税制

 ●4月分 「所得税の確定申告シーズンを終えて」、「イータックス(E-TAX)

 ●3月分 「コミュニケーション方法の男女差について」、「締切り

 ●2月分 「大人として扱うという組織モデル」、「インフルエンザ

 ●1月分 「平成20年度の税制改正について」、「サンタクロース


2007年分はこちら

2006年分はこちら

2005年分はこちら

2004年分はこちら



  毎月の最新ニュースおよびコラムは、石田税理士事務所よりFAXにて、無料提供いたしております。
   ご希望の方は、こちら をクリックして下さい。


◆会計事務所・税理士事務所の主な営業エリア◆
<愛知県>名古屋市(千種区、東区、北区、西区、中村区、中区、昭和区、瑞穂区、熱田区、中川区、港区、南区、守山区、緑区、名東区、天白区)
北名古屋市・春日井市・稲沢市・津島市・愛西市・尾張旭市・日進市・江南市・一宮市・岩倉市・小牧市・大府市・東海市・知立市・刈谷市・半田市・清洲市・弥富市・大治町・蟹江町・甚目寺町・豊山町・その他周辺
当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2011, 名古屋の税理士 石田昌宏(名古屋 税理士会所属) . All Rights Reserved.