名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
名古屋の税理士(名古屋税理士会所属)石田昌宏 名古屋の税理士:石田昌宏(税理士・公認会計士)
名古屋の税理士トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士(公認会計士)による情報コラム 2013年8月分

<名古屋の税理士による今月のトピック>

●お勧めの会計ソフト

 お客様は、今まで使い慣れた会計ソフトを使い続けたいと考えることが多いため、我々はそのニーズに対応するため、非常に多くの会計ソフトを操作しています。
 市販されている会計ソフトは、以前と比較すると金額が安くなり、また、機能的にも使い易くなったと感じます。

 勘定奉行、PCA会計、会計王、財務応援、かんたん会計、らくだ、FX2など、多くの会計ソフトを利用した経験を踏まえ、弥生会計が1番使いやすく、価格もリーズナブルなので、自信を持ってお勧めしています。
 今は他のソフトも使いやすくなってきたため、以前ほどは差がありませんが、それでも使い易さでは弥生会計が今でもダントツ1番だと思います。

 簿記のルールは変更されることがないため、会計ソフトは基本的にバージョンアップの必要がありません。
 我々のお客様の中には、弥生会計95を今も使い続けているお客様が何先もございます。
(古いバージョンなので機能的に使いにくさを感じますが。)
 ただし、消費税の課税事業者となっている会社の場合、消費税率が変更になった場合には、会計ソフトを買い替えた方がよいでしょう。

 会計ソフトに消費税率を変更できる機能がついていれば、変更があった場合でもソフトを買いなおす必要がありません。
 そのような機能がついている会計ソフトが発売されたら、その会計ソフトを一番お勧めすることになるかもしれません。
 消費税率の改訂にあわせて、そのような会計ソフトが販売されることを期待しています。



<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

●会計ソフトについて

 お客様である上場子会社、中堅企業、社団法人、医療法人において、弥生会計は問題なく利用されています。
 取引量が多いとか、一般事業法人ではないからといって、公益法人用とか建設業用といった高額な会計ソフトを購入する必要はないでしょう。

 会計ソフトに、販売管理や給与ソフト等を連動させることも、基本的に避けた方がよいと思います。
 PCやデータ処理に不慣れな人が行うと、処理を間違えやすいわりに、連動させるメリットは大きくないからです。
 会計ソフトは使い易いものをシンプルに使い続けるのが理想だと思います。



  名古屋の税理士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2013, 名古屋の税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.