名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
名古屋の税理士(名古屋税理士会所属)石田昌宏 名古屋の税理士:石田昌宏(税理士・公認会計士)
名古屋の税理士トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士(公認会計士)による情報コラム 2013年2月分

<名古屋の税理士による今月のトピック>

●人に何かを伝えること

 人に何かを伝えようとした場合、自分が何を話すかより、相手が何を受け取ったかが大切です。
 相手が受け取れなかった部分は、伝えていないのと同じようなものだからです。

 私は人前で話す機会が多いので、話し方に関する書籍は数多く読んでいますが、話し方のテクニックより、相手がどう受け取るかが重要という本を読んで納得して以来、手に取る書籍の内容も少しずつ心理学に近いものが増えていきました。

 「相手の気持ちになって」という考え方の重要性は、多くの人が納得していると思いますが、それを実行するのは非常に難しいと思います。
 人に何かを伝えると、とりあえず自己満足してしまい、それが相手にどのように伝わったかまでフォローして考えることを省略してしまう傾向にあるからです。

 コミュニケーションが上手くいっていない相手がいる場合、その相手は自分の話等から何をどう受け取っているか、受け取っていないかを、改めて考えてみてはいかがでしょう。
 そして、本当にキチンと伝えないといけないことがある場合には、自分がどう言ったら相手はどう受け取るかを、相手の立場で熟慮し、話す内容や順番だけでなく、話す日時や場所等まで工夫してみてはどうでしょう。
 人間関係を改善したいなら、相手より先に自分から、相手に対する姿勢を変化させないと、結果を出すことは難しいと思います。



<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

●相手が聞きたいことを考えて話す

 ここ7年くらい、毎年年末に某大学で授業をしています。
 基本的には会計士の業務に関するテーマで話をすることになっているのですが、私は自分の職歴等を利用して就職相談のような話をしています。
 何の話をしたら相手が喜ぶかを考えてのことです。

 25年前の自分が学生として目の前に座っているとしたら、今の自分から何を伝えたいかを熟考してから授業に望んでいます。
 好評を頂いているようで、来年からは当該学部の必修授業の中でも、キャリア・プランというテーマで話をするようにオファーを頂きました。



  名古屋の税理士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2012, 名古屋の税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.