名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2012年5月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●お願いをする際に目的等を伝える

 人にお願いや指示をする際には、その目的等も伝えた方がベターです。
 それを分かっていると、必要となる精度やスピード等を考慮しながら、実際の作業を行ってもらい易くなるからです。

 たとえば、私共がお客様に資料を依頼する場合、その資料は何に使うのか、何時までに必要か、また、資料がないと不利益は発生するか、といったことまで必要に応じて伝えるよう、スタッフに指導をしています。
 そうすれば、不要な資料作成といった無駄を回避したり、不利益は軽微と考え資料を準備しないという選択肢まで提供できたりします。
 過剰な負担を強いられたと感じさせることは激減するでしょう。

 目的の明確な方が、人は積極的に行動するといわれているので、このようなコミュニケーション能力を身につけることは非常に大切です。
 しかし、自分の依頼内容に関する充分な理解と、相手の気持ちに立って考えることが、ともに必要となるので、これを身に付けることは簡単ではありません。

 社長が社員と、あるいは、営業マンがお客様と上手くいっていないならば、その原因は何か、このような観点から考慮してみてはいかがでしょう。
 そのお願いは、相手に対してどんな目的と合わせて伝えられているか、また、相手はそのお願いをどう感じているかを考えることで、よりよい関係を生みだすヒントが得られるかもしれません。



<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

●価格に対する説明

 よさそうな商品が激安で売っていても、安い理由が分からないと不安となり、購入しにくいのではないでしょうか。
 「こういった理由で安い」と説明され、その理由に納得がいけば、大きな満足感をもって購入にいたると思います。

 商品の価格については、お客様が納得いくような説明をつけて提示できるよう工夫することが大切だと思います。
 お客様のニーズを満たすために必要なコストをかけた商品なら、説明を工夫することで安くない金額で購入してもらえる可能性が高くなると思います。
 ただ安いという理由だけで選ばれてしまう商品を扱っていては無理ですが。



  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2011, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.