名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2012年11月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●保険の活用事例

  最近、節税メリットの高そうな2種類の生命保険をお客様に提案していますが、比較的好評なので、ここでもご紹介させていただきます。

 一つは「一時払い終身保険」です。
 保険の内容を簡単に説明すると、最初に保険料を約800万円支払うと、あとは保険料が発生しないで、死亡時に1000万円もらえるという商品です。
 この保険は3年後に解約しても約100%戻ってきますし、10年後までおいておくと約106%戻ってきます。
 利率も悪くないし、死亡時には1000万円になるし、その1000万円は法定相続人1人当たり500万円までの相続税非課税枠が適用できるので、相続対策としても価値があります。

 もう一つは「初期低解約型逓増定期保険」です。
 この保険は、保険料を支払うことで利益を先送りしながら、業績が悪化してしまったら保険を解約し、支払った金額と概ね同額となる保険料を、法人税等の負担が少ない状況下で会社に戻してもらう保険です。
 オプションとして、業績がよい場合には当該保険契約を社長が会社から安く買い取り、後日に所得税等の負担が小さくなる課税ルールの下で、返金率の高くなった保険解約金を受け取ることができます。
 役員報酬が高額な社長ほど、節税効果が高いので、検討の価値があると思います。
 当然ですが、死亡時には結構高額の保険料が支払われる保険商品なので、万一のときにも強い味方となります。

 素朴な疑問から具体的な提案等まで、何か気になることがありましたら、私共までご相談ください。



<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

●保険仲立人とは

 金融自由化から随分と時が経過したため、最近の保険商品は保険会社によって内容等に大きな差異があります。
 なので、保険ニーズは同じでも、内容の見直しは価値があると思います。

 私共では基本的に保険仲立人をご紹介しております。
 保険仲立人とは、保険会社の立場で保険販売する保険代理店とは違い、契約者の立場で、数ある保険会社・保険商品の中から依頼者のニーズにあったものを提案する義務を負っているという良心的な会社です。
 なので、数多くの保険会社の中からニーズにあった保険をいくつか選択し、比較可能な資料に基づいて分かりやすい保険の提案をしてもらえます。



  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2012, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.