名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2011年6月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●会社のイメージアップ

 競争の厳しい経営環境下では、サービスの機能的な側面だけでなく、それに付随するイメージやサービス提供者の人柄がとても重要になってきます。
 同じサービスでも、信頼のできる人から、あるいは、好感の持てる会社から購入したいと思うからです。
 
 会社の好感度を高める工夫として、大企業では社会貢献事業を行いパンフレット等でPRをする等の戦略をとっていますが、それは一部分の会社です
 基本的には社長をはじめ社員の人柄等で勝負することになるでしょう。
 社長業をするならば、まずは自分自身が周りの人から愛されるよう努力することが、とても大切だと思います。
 社員や取引先の中に、自分のファンを増やしていくことは、収益力のアップや経営の安定化につながるでしょう。

 さて、イメージアップの方策として、私が特に気にしているのは、掛かってきた電話に対する応対です。
 私共の事務所では、新入社員には当面の間、電話に出ることを許可していません。
 事務所のことを十分に理解していない人が電話に出ることで、お客様の印象を害することがあってはならないからです。

 電話応対は会社の重要な顔です。男女差別はよくありませんが、代表電話を若くて優秀な女性社員に任せることは、イメージアップ戦略として価値があると思います。
 私が若い女性の声を出せるのであれば、代表である私がすべての電話に対応したいくらいです。



<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

●平成23年度税制改正の動向

 ご承知のように、平成23年度の税制改正法案は、未だに宙に浮いたままとなっております。
 そして、3月末で期限が切れることで混乱が生じそうな部分は、6月末まで延長する「つなぎ法案」が成立しています。

 6月末までには平成23年度の税制改正に関して、何らかの動きがあると思われますが、大幅な増税を予定していた相続税をはじめとして、消費税率等についても目が離せない状況です。
 いずれにしても、不利益となるような税制改正事項について、過去にさかのぼって適用開始時期を設定される可能性は低いと思われます。



  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2011, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.