名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2009年10月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●発想のジャンプ

 理系出身の鳩山総理は、若い時分に父親から「数学が世の中のためになるのか」といわれて反駁した旨が、先般の中日新聞に掲載されていました。
 私も理系ですが、随分前に文系に進んだ兄から「世の中を動かすのは文系」と主張されて、大いに腹を立てた記憶があります。

 新聞記事では、総理の友人である大学教授のコメントとして、「普段は緻密でも、考えているうちに発想がジャンプするのが数学者だ」という文章が続きます。
 しがらみだらけの政治に行き詰った時に、政治を科学することで解決策まで一気にジャンプすることが、鳩山総理の持ち味というエールが贈られています。

 会計業界も、基本的に文系出身者がほとんどです。
 しかし、財務戦略や節税対策は、連立方程式や確率論等が重要となる数字の世界であり、理系向きの業務だと感じておりました。
 今回の新聞記事のおかげで、コンサルティングで重要となる「発想のジャンプ」も理系の持ち味だと思えるようになりました。

 今のご時勢、継続的な変革は経営における最重要課題の一つであり、事業計画もゼロベースで考えるくらいが理想的だと思っています。
 既成概念に捕らわれず、タブーを恐れずに改革を行うには、「よそ者や若者や馬鹿者」が適任と言われております。
 私はこの要件を比較的充足している気がいたしますので、改革に取り組まれるお客様に対しては、私なりの「発想のジャンプ」をフル活用して、経営支援業務に精一杯取り組んでまいりたいと改めて思った次第です。



<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

●中小企業再生支援全国本部

 先般、金融機関の役員と一緒に、発足して間もない中小企業再生支援全国本部(東京)まで打合せに行きました。
 提出済みの再生スキームに、いくつかの難題が投げかけられました。全国本部の代表者から、当該本部ができて以降、各県の中小企業再生支援協議会における様々な基準は、以前より厳しくなったと説明がありました。残念です。
 社会の活力を回復させるには、中小企業の景気回復が不可欠であり、そのためには中小企業への金融支援が不可欠だと思います。
 同じ理系出身でもある鳩山総理(と亀井大臣)に期待したいと思います。




  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



  毎月の最新ニュースおよびコラムは、FAXにて無料提供いたしております。
   ご希望の方は、こちら をクリックして下さい。

当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2008, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.