名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2008年4月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●所得税の確定申告シーズンを終えて

 会計データの内容確認や前年度比較等によって、経費の計上漏れはないか、税額が安くなるような処理をきちんと適用しているか等を、今年度も全件チェックをさせていただきました。
 将来を見込んだ節税のご提案ができないかについても、検討させていただきました。

 その中で有利とはいえない課税関係が既に生じており「いまさら仕方がない」ということで納税額が算出されてしまう事例が何件か見当たり、とても残念に思いました。
 たとえば、年度を分割しないで贈与をしたり、保険の満期日が同年度に集中したりすると、年度ごとに利用可能な非課税枠等が有効利用できません。無理せずに税額控除を利用できたはずなのに、適用できないように不動産登記がなされていた事例もございました。

 税法に限らず、他の法律や助成金の申請等でも、後からではどうしようもないケースは珍しくありません。
 私どもといたしましても、出来るだけ事前の情報提供・情報収集に努めてまいりますが、お客様におかれましても、贈与や保険の契約、多額な支出、その他の諸問題など、なんでも結構ですので専門家に相談しておいたほうが良さそうな事柄につきましては、小さなことでも早めに担当スタッフまでご相談ください。

 仲のよい弁護士事務所や社会保険労務士事務所等と協力して、できるだけ最適と思われる対応方法を、迅速にご回答させていただきたく思います




<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

●イータックス(E-TAX)

 事務所としては昨年からイータックスに対応しておりますが、今年度は私自身がスタッフに教えてもらいながら、インターネットで確定申告を行いました。
 使い勝手は前年より改善されていますが、5,000円程度の税額控除では使いたくないといった不便さを感じました。
 税理士会としてイータックスの促進を目指しているので、私も協力しないといけないのですが、お客様にお勧めするには、まだ実務的な負担が多すぎます。
 課税方法をシンプルにすれば、ネットでの入力等も簡略化され、税理士も不要となり(笑)、国民のためになると思うのですが。




  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



  毎月の最新ニュースおよびコラムは、FAXにて無料提供いたしております。
   ご希望の方は、こちら をクリックして下さい。

当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2008, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.