名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2008年11月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●適正診断テストについて

 先般、適正診断ソフトを販売する会社の営業セミナーを受講いたしました。
 人をテストで評価することには否定的だったのですが、数時間のセミナーは興味深いまま、あっという間に終わりました。

 後日、石田会計のスタッフ全員で診断テストを受けました。
 その結果を本人に返したところ、「あたってる」という満足げな反応が起こりました。
 「責任感が強いですか」という質問にYESと答えれば、責任感が強いという結果がでますので、本人が正直に回答する以上、あたっていて当然です。

 金銭、自己顕示欲、達成感、安定など、何のモチベーションがその人に効果的か等を把握する管理者向の資料も、本人用とは別に用意されています。
 たとえば、「何かに挑戦したいですか?」いう質問は、聞き難い、あるいは答え難い質問ではないでしょう。
 わざわざ聞くのも何だし、でも知っておいたら便利な情報等を、適正診断テストというオブラートで包みながら情報収集できるメリットは少なくないと思いました。

 テストの結果は集計から印刷まで数分なので、採用面接の冒頭20分でテストをして、お茶を出している間に結果を確認し、その後に面接に望むという利用をされる会社が多いとのこと。
 縁故採用を依頼された場合に、テストの結果といえば断りやすいという使い方もあるそうです。
 CUBICというソフトですが、名古屋では11/27、12/18の午後にセミナーがあるそうなので、興味がある方は、当事務所までお問い合わせください。
(申込用紙をFAXさせていただきます。)






<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

●適正診断テストの使い勝手

 仲のよい人事コンサルタントが、このソフトを持っているので、評価を聞いてみたところ、採用に関しては自分でも使っているし、手放せないツールになっている顧問先も少なくないとのこと。
 テスト結果はデータ蓄積できるので、今活躍している社員の採用時のテスト結果を分析し、採用面接では同様の傾向を示す人を採用するという使い方が、特に気に入られている要因のようです。
 ちなみに最近の新卒者は、就活対策と称して適正診断テストの答え方も教わるようなので、気をつける必要があるとのことでした。




  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



  毎月の最新ニュースおよびコラムは、FAXにて無料提供いたしております。
   ご希望の方は、こちら をクリックして下さい。

当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2008, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.