名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2007年3月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●目先の小さな利益を捨てることで余裕を確保する

 できる人、順調にいっている人には、どこか余裕が感じられます。
 上手くいっているから余裕があるのではなく、余裕があるようにしているから、上手くいっているのだと思います。余裕を確保することを重視する価値観や行動パターンが、成功の秘訣ということです。

 常に全力投球するということは、例えば80%の出来で許されるものに対して、100%の完成度を目指してしまうということです。必要とされていない20%については、単なる無駄になっている可能性があります。
  時間がある限り目一杯働いてしまうと、目先の出来高は増えますが、トラブルが発生した際に十分に対応できなくなります。
 さらに深刻な問題として、魅力的なチャンスが近くにあっても、それに気が付かなくなります。

 情報の整理や段取り、気分転換のための時間を確保することは、短期的には損のようで、実は得になる。
 少ししか儲からないことを断わると、短期的な利益は減りますが、結果としては利益が増える可能性が高くなるということです。
  目先の利益のために頑張りすぎて、結果として損をすることのないよう、まずは自分自身の行動を見つめ直すだけの時間は最低限確保したいものです。



●最近聞いた気になる言葉

  あるセミナーの講師が話されていた言葉が気になったので、ここで紹介させていただきます。
 「変えられないものが二つあります。過去と他人。変えられるものも二つあります、将来と自分。」
 将来に向けて、自分自身が成長できるよう、地道な努力を惜しまないようにしようと思いました。




<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

 先般読んだ雑誌に、読者のストレス対策を紹介するコーナーがありました。
大きな声で挨拶をするとか、ストレスの内容をブログに書くとか、不要品を整理して捨てるとか、様々でした。
 逆にストレスが増えそうと思えるものもあり、要は考え方次第かと。
 そういった意味で、「ストレスを不可避なものと諦める(50代男性)」という意見も納得できたりして、面白かったです。
 私は、帰宅後の暴飲暴食がストレス解消だと思っていましたが、数ヶ月前に暴飲暴食を止めて以降、なぜかストレスが減ったように感じています。
 今にして思うと、暴飲暴食をしたいがために、わざわざストレスを持ち帰っていたのかなあと思います。




  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



  毎月の最新ニュースおよびコラムは、FAXにて無料提供いたしております。
   ご希望の方は、こちら をクリックして下さい。

当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2008, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.