名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2007年11月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●高いステージを経験すること(時速431キロを体感して)

 先般、コンサルティングの仕事で上海に行ってまいりました。久しぶりの上海でしたが、以前との変わり様は予想以上であり、本当に驚きました。 ついでにリニアモーターカーに乗って、時速431キロを体感してきました。最高速度で走る時間は数分だけで、振動も大きいのですが、実に爽快な気分でした。

 さて、最高速度から時速300キロくらいまで減速されてくると、不思議とスピードが大変遅く感じられます。
 それでも新幹線よりかなり速いのですが、本当に遅く感じられるのです。慣れって怖いと思いました。

 私は監査法人や大手会計事務所等のスタッフとして、上場企業や非上場の大企業と仕事をさせていただいた経験があるので、大企業を相手にしても比較的平気なのですが、そのような経験がなかったら、今でも大企業を相手にした際に、物怖じしてしまうことでしょう。
 以前うちのスタッフに上場企業の監査を経験させたことがあるのですが、そのスタッフはそれ以降、大きな会社の担当が楽になったと言っていました。これも同じような効果だと思います。

 より大きなステージを経験すると、通常のステージにおける余裕が生まれるというという効果は、人の成長にとって欠かせない要素だと思います。
 できるだけ高いステージを経験できるよう、スタッフの業務分担はできるだけ気を配りたいと思います。
 一方で私自身も、今の自分にとって価値のある高いステージをうまく見つけて、そのステージに上がる努力をしなければと思いました。




<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

 中国に関しては、一歩裏にはいると未開発で、表面だけ近代化されているという報道が目立つように思います。
 しかし、遅れていた国が一気に近代化しつつあるので、境目のギャップが目立つだけで、表面だけ飾っているということではなく、近い将来には確実に広範囲に渡って近代化されると思いました。
 中国は、既にモノを安く作らせる国ではなくなりつつありますが、近い将来には逆に、日本製品を高く買ってもらう国になっているように思います。
 細部まで品質等にこだわった日本らしい(?)モノづくりの文化は、日本の企業にとって、これから益々大切になると感じました。




  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



  毎月の最新ニュースおよびコラムは、FAXにて無料提供いたしております。
   ご希望の方は、こちら をクリックして下さい。

当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2008, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.