名古屋税理士事務所愛知県名古屋市名古屋駅前) 石田昌宏(税理士
石田税理士事務所(名古屋税理士会所属) 石田昌宏(税理士・公認会計士)
税理士事務所(名古屋)トップ会計事務所総合サイト

名古屋の税理士・公認会計士による情報コラム 2005年1月分

<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のトピック>

●書類の保存年数、保存方法について

 会社にはいろいろな書類が溜まっていきます。うまく整理して保存することは結構大変です。
まずは、法令保存年数について確認が必要です。主な書類の法定保存年数は以下の通りので、参考にしてください。


<2年保存>雇用保険(被保険者に関するものは4年)・労災保険・健康保険・厚生年金に関する書類

<3年保存>雇用、解雇、退職に関する書類、賃金その他労働関係に関する書類

<4年保存>雇用保険者に関する書類、雇用保険被保険者関係届出事務等処理簿

<5年保存>財産形成非課税貯蓄関係書類、離職証明書

<7年保存>仕訳帳、現金出納帳、固定資産台帳、売掛帳、買掛帳、領収書、預金通帳、小切手帳、手形控、請求書、注文書、契約書、納品書、見積書、給与所得者の扶養控除等申告書、保険料控除申告書、源泉徴収簿、住宅借入金等特別控除申告書、など経理や税務に関する書類

<10年保存>貸借対照表、損益計算書、営業報告書、利益処分計算書、付属明細票、総勘定元帳、株主総会議事録、取締役会議事録


 10年保存とされている書類は、永久保存することが望ましいと思います。
 あと、定款や登記関係書類は、法定年数はないですが、同じく永久保存することが望ましいと思います。

 保管する時には、最初から廃棄処分年度ごとにダンボールに入れ、内容と廃棄処分年度をメモしておくと便利です。




<石田 公認会計士・税理士(名古屋)による今月のコラム>

 組織を動かすためには、トップのリーダーシップが大変重要です。
 たとえば現在早稲田大学ラグビー部が活躍している理由もトップである監督にあると思います。
 清宮監督が監督就任を引き受けた理由は「彼ら(後輩である部員達)にいい思いをさせてやりたい」であり、そのために「圧倒的な勝利」を目標に掲げたそうです。
 「早稲田ラグビーを強くしたい」程度の考えでは、ここまで強くなかったと思います。
 私の一年先輩である清宮監督にエールを送り続けたいと思います。




  石田 税理士・公認会計士による今月のトピック&コラム  ← 最新版はこちらをクリック



  毎月の最新ニュースおよびコラムは、FAXにて無料提供いたしております。
   ご希望の方は、こちら をクリックして下さい。

当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2008, 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.