会計業務をはじめとして、業務一般の効率化アウトソーシングコスト削減について解説しています。
業務の効率化、コスト削減の支援サイト 業務の効率化、コスト削減の支援サイト
TOPサイト運営者

会計業務等の効率化


簿記が分からないから、経理担当者がやっていることがわからない。
だから、どこから手をつけていいかわからない。
ブラックボックス化している、ということだと思います。

思い切って経理担当者からいったん全ての業務を取り上げて見ましょう。
そして他のパソコンに精通した人に任せるとよいでしょう。
当然、会計ソフトは用意し、自社で経理処理したほうがいいと思います。
何しろ情報が早いし、簡単に出来ることですし。
会計ソフトは、弥生会計が使いやすいと思います。
シェアーもトップだし、会計ソフトとしてはよく出来ていて、何の問題もないでしょう。

経理事務代行に人材の派遣を依頼したり、アウトソーシングすることも検討の余地はあります。
とにかく、ゼロから考え直したほうが早いです。
経理処理くらい、なんとでもなります。

会計基準等にこだわりすぎて、処理業務に時間をかけ過ぎるのも考えものです。
会計原則には「重要性の原則」という概念があり、基本的には概ね合っていれば会計処理として問題ないのです。
会計処理は会計オタクに任せてはいけません
会計オタク的な会計事務所も考えものです。

会計処理を短時間で行うには、最低1月分まとめて処理すべきです。
小口経費の精算も同様に、できるだけまとめて精算するようにルール変更します。
支払いや回収チェックも、一月分まとめて実施するとよいでしょう。
ネットバンキング等を利用して、銀行に行く手間も排除しましょう。
必要以上に書類整理をするのも控えてください。
領収書を日付順にノートに張っても、あまり意味がありません。
少し時間をかければ探せる程度に整理してあれば、どんな順番であろうと十分です。
一定期間経過後は、捨てる時期毎に分けて、ダンボール詰めでもしましょう。

 

効率的にできる人にはできる、できない人にはできない。


それが実態です。
現状が効率的でないならば、今の担当者には効率的に改善する能力がないと思います。
いったん仕事を取り上げ、改善する能力がありそうな人に任せて改善を実施した方がいいでしょう。
場合によっては、その後に新しい方法を前担当者に教えて、担当者に戻す。
業務改善は、この方法が一番早くて楽だと思います。




記載内容に関するご相談等は
 公認会計士 税理士 石田会計事務所(名古屋)
まで、お気軽にお問い合わせください。




 
 
当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2011, 公認会計士 税理士 石田昌宏 . All Rights Reserved.