名古屋会計事務所です。(愛知県名古屋市名古屋駅前) 会計事務所 所長:石田昌宏(公認会計士税理士
名古屋の石田会計事務所、税理士事務所 名古屋の石田会計事務所、税理士事務所
会計事務所TOP名古屋の税理士事務所よりお問い合わせ

同業者から見た、よい会計事務所・税理士の選び方

トップ>税理士事務所、会計事務所の選び方
 私は、大手会計事務所で勤務の後、営業が下手な若手税理士として苦しい時代を経て、
現在は中規模(の中では小規模)な会計事務所を経営しています。

 銀行検査の経験等から、他の税理士先生が作成された決算書等を数多く見ております。

 私から見た税理士の実情や、よい会計事務所の条件などをお話しさせていただきます。

 よろしければ、こちらもご覧ください→ よい会計事務所・税理士の選び方2(裏事情?)



 @ どのような種類の税理士がいるのですか?
 A 税理士とは何をしてくれる人ですか?
 B 何を基準に選ぶといいですか?
 C 税理士の報酬金額について
 D 税理士の年齢について
 E 税理士事務所の規模について
 F 税理士の得意分野について
 G 公認会計士と税理士の違いは何ですか?
 H 顧問会計事務所は途中で変更できますか?



E 税理士事務所の規模について

 大きな事務所では所長ではなく担当者が作業を行うことになると思われますが、小さな事務所では税理士自身が行うという違いがあります。

 小さな会計事務所は、細かなところまで注意を払ってもらえるという意味ではよいのですが、スポット業務に多くの時間を割くことは困難なため、大きな問題が発生しても十分に対応してもらい難い面があります。

 中規模の会計事務所では、所長が問題点の洗い出し、検討、最終判断等についてキチンと関与しているかに注意する必要があります。
 スタッフに任せきりでも大きな問題がないような状況になると、ついつい楽をしてしまい、サービスの質を落としている可能性があります。

 大きな会計事務所では、所長自らが担当業務を持つことが少ないため、スタッフ組織の充実度を気にされると良いでしょう。
 優秀な人材の多くは独立する業界において、優秀と思われるスタッフが何人も在籍している事務所は、所長にリーダーシップがあり組織力が期待できるため、サービスの質は比較的高いと思います。
 逆に優秀とは思われないスタッフが目立つ事務所は、サービス向上を期待しにくいため、間違いではないが有利でもない方法で淡々と会計税務処理をされていく可能性が高いと思います。

 ちなみに、大きな事務所でないとほとんど経験できない税務処理等は存在しますので、大きな会社であれば、大きな会計事務所もしくはその勤務経験者の税理士を選ばれた方が良いと思います。




        同業者から見た、よい会計事務所・税理士の選び方     次のページへ


当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2013, 公認会計士・税理士(名古屋税理士会所属) 石田会計事務所 . All Rights Reserved.