名古屋会計事務所です。(愛知県名古屋市名古屋駅前) 会計事務所 所長:石田昌宏(公認会計士税理士
名古屋の石田会計事務所、税理士事務所 名古屋の石田会計事務所、税理士事務所
会計事務所TOP名古屋の税理士事務所よりお問い合わせ

同業者から見た、よい会計事務所・税理士の選び方

トップ>税理士事務所、会計事務所の選び方
 私は、大手会計事務所で勤務の後、営業が下手な若手税理士として苦しい時代を経て、
現在は中規模(の中では小規模)な会計事務所を経営しています。

 銀行検査の経験等から、他の税理士先生が作成された決算書等を数多く見ております。

 私から見た税理士の実情や、よい会計事務所の条件などをお話しさせていただきます。

 よろしければ、こちらもご覧ください→ よい会計事務所・税理士の選び方2(裏事情?)



 @ どのような種類の税理士がいるのですか?
 A 税理士とは何をしてくれる人ですか?
 B 何を基準に選ぶといいですか?
 C 税理士の報酬金額について
 D 税理士の年齢について
 E 税理士事務所の規模について
 F 税理士の得意分野について
 G 公認会計士と税理士の違いは何ですか?
 H 顧問会計事務所は途中で変更できますか?



B 何を基準に選ぶといいですか?

 いろいろなことを気軽に相談できるのが税理士です。
 まずは人柄や価値観などを重視して、尊重できる税理士を選ばれることをお薦めいたします。
 税理士には、節税やコンサルなどの能力発揮に燃える人、適切なアドバイスより自分自身の金儲けを重視する人、ルーチンワークとして淡々と処理をこなすだけの人など、いろんなタイプの人がいます。
 税理士自身の仕事に対する考え方を確認することは大切でしょう。

 一方で、能力ある税理士(かつ積極的に関与してもらえそうな人)を選ばれることも重要です。
 会計事務所は、表面的には決算書と税務申告書を作成するだけなので、どの税理士に依頼しても同じサービスが受けられるように思われますが、実際には10人10色といってもいいくらい、人によって異なる内容の決算書、税務申告書が作成されます。
 納税負担や対外的信用、借入金利などの観点から、有利不利が発生します。
 税理士に対する報酬は高くても百万単位だと思いますが、知らずに、あるいは検討不十分で損をする金額は、簡単に千万単位になります。
 顧問報酬金額だけでなく、提供されるサービスの質も十分に考慮してください。

 具体的には次の基準を参考にされると良いと思います。




        同業者から見た、よい会計事務所・税理士の選び方     次のページへ


当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2013, 公認会計士・税理士(名古屋税理士会所属) 石田会計事務所 . All Rights Reserved.