名古屋会計事務所です。(愛知県名古屋市名古屋駅前) 会計事務所 所長:石田昌宏(公認会計士税理士
名古屋の公認会計士石田会計事務所、石田昌宏税理士事務所(名古屋税理士会所属) 名古屋の石田会計事務所
会計事務所TOP業務案内事務所案内スタッフ紹介求人情報所在地FAQ

会計事務所の選び方2 (激安・格安を基準に選んで大丈夫?)


                                                         

 ●会計事務所によるサービスは、

   @経験×A能力×B努力×C責任感×D税務判断×E価値観×F人柄×G採用育成力

  等によって、サービス内容や品質レベルの差はかなり大きいと思います。
 
 特に、価値観等が異なる場合には、全く正反対のアドバイスを受けることも珍しくないでしょう。



 @経 験 : 大企業等へのサポート業務は、中小企業へのそれと全く異質だと思います。
         税務署や銀行に応対する能力は、その業務を経験したかどうかで大きく異なります。
         相続等の業務も、たまにしか経験しない会計事務所が珍しくありません。
         (相続税の申告件数より、税理士の登録人数の方が多いのが実状です。)

 A能 力 : 少し前までは大学院を2つ卒業すると税理士になれました。そんな業界です。

 B努 力 : 税法や会社法等の学習を疎かにする(自分に厳しく出来ない)人は珍しくないでしょう。
          最近の法改正は激しく、新進気鋭の税理士にもキャッチアップが大変なくらいです。

 C責任感 : お客様に何かあった場合に、土日でもすぐに動く人と、今は忙しいと言い訳する人がいます。
          ミスをした際にも、それを認めて善処につとめる人と、専門用語等で誤魔化す人がいます。
          ※ 私は小学校の頃から、責任感は通知表で◎をもらうことが多かったです (^ ^) v

 D税務判断:税務当局による行政指導を強く受けてきた、(又、受け続けている)業界です。
          税務署に近い価値観で仕事をする人が、この業界では保守本流のようです。
          かといって、税務署に敵対するような言動は、お客様の損を招く事態となりかねません。
          バランス感覚のある判断ができる税理士が、一番お客様のためになるように思います。

 E価値観 : 金儲けが大好きな人は、会計事務所に利益が還元される商品の購入を過剰に勧める等、
          お客様の利益を第一に考えません。
          また、スタッフへの支出をケチる事務所には、いいスタッフが定着しないと思います。
          報酬金額とサービスの品質は、思いのほか正比例していないように感じます

          仕事を限定的に考える人は、基本的に税務会計以外の相談に対応していません
          何でも前向きにトライする人ならば、何も言わなくても幅の広いサポートが期待できます。

 F人 柄 :  何でも気軽に相談しやすいかは、相性によるところが大きいと思います。

 G採用育成力:いい仕事をしていれば、依頼は増え続けるため、いつかはスタッフに頼ることになります。
           スタッフに頼らず50件以上のお客様によいサービスを提供するのは物理的に困難です。


   ※ ちなみに、所長と雇われ税理士では、仕事に対する姿勢等で決定的な差異があると思います。
     起業再編や事業再生等、ほとんど大手会計事務所でしか行っていない業務のサポートを除けば、
     大きな事務所のNo2より、独立して頑張っている先生の方がいいサービスであることも多いでしょう。
     そもそも、本当に優秀な有資格者は、独立していくことが非常に多い業界ですから、、、



 ●会計事務所(税理士)を選ぶ際には、以上を点を十分に踏まえつつ、

    格安・激安といった言葉に過度に惑わされることがないよう

     次のような観点で会計事務所を選ばれることをお勧めいたします。

  @収益力(社長の役員報酬控除前の税引前利益)が数百万円以下の会社
    会計処理の選択等で納税が大きく損をするようなことはないでしょうから、
    報酬設定が安く、相性の合った税理士事務所を選ばれるとよいでしょう。
    ただし、仕事がないからといった理由で、安い顧問料を提示しているような税理士を選ぶと、
    いずれは手を抜かれる等、よい関係を長く続けられない可能性が高くなります。


  A収益力(社長の役員報酬控除前の税引前利益)が1千万円を超えてきた会社
     アドバイスの内容によって、税金や支払金利に大きな損得が生じると思います。
     事業計画等に対するアドバイスまで含めると、損益に与える影響はもっと大きくなります。
     年間数十万円程度の差であれば、少しでも優秀な先生に依頼されることをお勧めいたします。
     (毎年10万円余分に払って、10年に1回は100万円以上の得をする(損を防ぐ)というイメージです。)
     ただし、所長が優秀でも、スタッフに任せっぱなしの事務所は論外です。


  Bもっと儲かってきた会社(もしくは、いずれ上場を目指している会社)
     いろいろな面で会計事務所からのアドバイスが、今後の損得を大きく左右することでしょう。
     まずは、自ら本気で動いてくれる、かつ上記の総合力が高い先生を探すことが大切だと思います。
     時に、一言千金となります。(よい参謀を確保することは、重要な経営課題です。)



 ●石田会計事務所(税理士事務所)は

  @激安・格安ではありません。 → 無駄を削減することで、リーズナブルを報酬水準を目指しています。

  A過剰な拡大戦略はとりません → 所長等の目が十分に届く範囲で、責任ある業務支援を目指します。

  B節税を心掛けます → 税法のグレーゾーンは、リスクを説明の上、具体的なご提案等をいたします。
                     最終的にはお客様にご選択いただく問題だと思っております。

  C経営全般の相談に対応いたします → 出来る限り経営者のお役に立てるよう努力いたします。



   インターネット上では顧問料が格安・激安の会計事務所が目立ちますが、
    顧問料が格安・激安の会計事務所(税理士)は、まだまだ業界内では少数派であり、
      仕事がないから安くせざるをえない状況の会計事務所が多いと思います。



  「月額9,800円」 

   としておきながら、決算料は別途で20万円といった見積もりを示すような会計事務所の場合、

   年額にすると、私共の会計事務所と同額か、より高額になる ケースが多いと思います。



    ※最近、格安激安な会計事務所のサービスが不満で、私共に移ってくるお客様が増えています。



              同業者から見た、よい会計事務所・税理士の選び方



当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2011, 公認会計士・税理士(名古屋税理士会所属) 石田会計事務所 . All Rights Reserved.