相続税対策に注力している名古屋税理士です。 相続税申告遺産相続手続きは、初回に無料相談させていただきます。
相続税対策、相続税申告の石田税理士事務所(名古屋) 相続税の対策、遺産相続の手続き、相続税申告の石田会計事務所(名古屋)
会計事務所TOP名古屋の税理士事務所よりお問い合わせ

 相続税の申告、相続税の調査、相続税の税制改正について


   平成25年度の税制改正で、今までの相続税法が改正されました
   基礎控除の減額や、税率のアップといった増税の内容が主たるものです。

   平成20年12月に相続税法の全面改正予定が、当面見送られることになりましたが、
   今回の相続税法改正も、全面改正ではありません。
    (全面改訂については先送りです。)
 
  相続税の課税について、国際的には負担軽減もしくは廃止の傾向にありますが、
   日本では高齢者の貯蓄性向が高いこともあり、増税傾向の改訂になると言われています。


 相続税対策、遺産分割、相続税の申告に関するアドバイス

   相続税の申告は人生に何度もないので、相続に慣れている方は、ほとんどいません。
   そのため、遺産相続で身内のもめごとに、あるいは無駄な相続税を支払う事例は珍しくありません。
   本当に信頼のできる専門家に、早いうちからサポートを依頼することが望ましいと思います。


 1、相続税の申告、税理士の人数、相続税調査について

  ○相続税の申告件数より、税理士の登録人数の方が多いというデータがあります。
    平均的には、数年に1回程度しか相続税業務に関与しない税理士が多いということです。
    税理士だから相続税の申告や、事後の調査立会いに慣れているというのは大きな誤解です。

  ○相続税の申告をすると、3割くらいの確率で税務調査が入ります。
    相続税の調査で通常チェックされる範囲まで、税理士としても相続税申告時にチェックをするべきです。
    そこまで対策をしておかないと、あとから余計な追徴課税まで支払う可能性が高くなってしまいます。
    その点では、相続税の税務調査になれている税理士に依頼したほうが、得策だと思います。

  ○相続税の調査はプライベートの領域まで踏み込まれることになります。
    相続税の申告書を作成する際にも、プライベートの領域までお聞かせいただかないと、
    結果として相続税の納税者に対して適切なアドバイスができません。


 2、相続税申告、相続税対策の業務を何度も経験した税理士として

  ○「もっと相続財産をもらいたい」といって喧嘩をする相続人は、ほとんどいません。
    「あの人がそんなに財産をもらうのは納得いかない」といって喧嘩になるのです。
    相続人全員が納得できるように、気持ちのよい遺産分割を行うことが、成功への近道だと思います。

  ○目先の相続税対策に走り、お金が足りない変な財産ばかり残ったというのは不幸です。
    相続税額だけではなく、その後の収入等にまで配慮した対策が大切だと思います。

  ○相続税の申告(相続税対策)を専門家に依頼をするなら、、、
      1、まずは早めに依頼すること
      2、相続税の話だけでなく、様々な視点からアドバイスをしてもらえる人を選ぶこと
      3、プライベートまでオープンにできるように心から信用できる人を選ぶこと
    がよいと思います。

   相続税調査前に、変な誤解を与えない調査の受け方を指導できる人だと、より望ましいでしょう。



 遺言書や遺産分割協議書、相続税額の計算、相続税対策、相続税の申告

  終活、相続の準備、生前贈与、相続手続き、相続トラブルの対応 等

   については、こちらを参考にして下さい。 →  相続全般に関する基礎知識



    ご質問等は、電話かメールにてお気軽にお問い合わせください。
    簡単な内容であれば、無料相談にて対応いたします。


      電話 (代表) : 052-454-3250
     メール(代表): jimusyo@i-press.jp

当サイトの内容は著作権法により保護されております。
Copyright© 2013, 公認会計士・税理士(名古屋税理士会) 石田会計事務所 . All Rights Reserved.